--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-25(Mon)

省エネ設定にご用心!

スマートフォンには、省エネのための設定が多くの機種についています。
(会社独自の設定のため、名称や設定の方法は異なります。)
夜間は電波をOFFにしたりして、電力消費を抑えてくれます。
バッテリーは長続きするし、電気代も節約できるし、無駄なエネルギーの消費も抑えられてエコだし、いいことづくめのような気がします。

しかし、定額制なしでスマホを使う場合は、この設定が要注意です。
定額制なしの場合、携帯回線による通信を極力避ける必要があります。
それなのに、この省エネ設定のせいで、携帯回線で通信してしまうケースがあります。

「省エネ状態解除の際に、携帯回線による通信を(最初ON/OFFに関わらず)ONにしてしまう」


というケースが多く見られます。

省エネモードに入るときに携帯回線による通信をOFFにして節電するが、省エネモードから出るときには前の携帯回線状態がどうだったかに関わらず、勝手にONしてしまうのです。
おそらく定額制だから常にONなんだろうな…という前提で作られたのであろうが、通常OFFにしている人にとっては困った機能です。

もし省エネ機能に類するものを使う際は、通信OFFにしてから省エネモードに入り、省エネモードから出るときにONになったりしないか確認しておきましょう。
勝手にONになるようなら、省エネモードは使わない方が無難です。

朝になるといつの間にか通信ONになってておかしいな…という方も、一度省エネモードを確認してみるといいかと思います。

JUGEMテーマ:携帯電話スマートフォン
 








スポンサーサイト
2013-02-24(Sun)

定額制なしでスマホを使う基本

ドコモやau、ソフトバンクのスマートフォンを安く使う方法。
購入時の月々の割引などもありますが、決定的な方法は、どうしても…

パケット定額制を使わない。

これに尽きることになります。

しかし、パケット定額制を使わないとなると、携帯回線を使った通信を極力(全く、といっていいくらい)使わないようにしなければなりません。
さもないと、パケット料が驚くべき額になります。

でも、通信しなければ何のためのスマートフォンやら。
ということで、なんとかして通信をすることも考えることになります。

そんなわけで、パケット定額制を使わないでスマートフォンを使うための基本。

  • 携帯回線のデータ通信は、通常OFFにしておく。(Androidの例:設定→無線とネットワーク→モバイルネットワーク→データ通信 をOFFにする)
  • 携帯回線のデータ通信がどうしても必要な場合のみ、ONにする。作業が終わったらOFFに戻す。(例:買ったばっかりのときの初期設定時、システムのアップデートデータの受信時、古いau機種のメール受信時など)
  • 携帯回線のデータ通信以外でもいい場合は、無線LANにて行う。
  • 携帯回線ONにしたときに余計な通信を行わないように、自動的に通信する設定をOFFにする。(Androidの例:設定→アカウントと同期の設定→バックグラウンドデータをOFFにする)
  • 携帯回線ON時には無線LAN通信ができる状態にし、通信ができる限り無線LANに流れるようにする。


自宅で無線LANが使える場合は、これらを行ってもかなり使いこなせると思います。

自宅外でも無料や安い額で無線LANを使えることも多くなっており、うまく使えばかなり便利に使えると思います。


定額制なしで使いこなすコツを、今後もいろいろ紹介していきたいと思いますので、「やすすま」をこれからもよろしくお願いします。


JUGEMテーマ:携帯電話スマートフォン

 






カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おすすめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

やすすま管理者

Author:やすすま管理者
やすすまへようこそ!

QRコード
QR
移転のお知らせ
2017/10/27に、ブログを移転いたしました。 お気に入りに登録されている方や、リンクを貼られている方は、お手数ですが更新をお願いいたします。
検索フォーム
楽天
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。